2020年にVALORANT4JPより公開した記事からアクセス数の多かった記事をランキング形式で紹介します。

10位:G2に勝利したGuild Esports、不正なブースト使用で大会失格処分に

10位は不正なブースト使用で大会失格処分となったGuilid Esportsの記事がランクイン。キルジョイのタレット上にセージのバリアオーブを展開するバグはキルジョイリリース時より存在するバグですが、一向に修正しないRiot側にも非があると感じています。

9位:Shroudがプロの競技シーンに復帰しない理由を明かす「本気で競技シーンでトップを目指す場合、練習風景を配信することはできません」

エイプリルフールにプロ復帰宣言をしたShroud。後日、配信内で「プロと配信の両立は難しい」ことを理由にプロ復帰はほぼ無いと答えています。

8位:VALORANTのランクシステムが大幅に変更、Act3より対戦ランク差の縮小、エピソード2よりリーダーボードシステムの導入

エピソード1 ACT3よりランクを釣る際のランク差の縮小、来年1月よりスタートするエピソード2でリーダーボードの追加を発表した際の記事です。

7位:VALORANTのランク分布が3ヵ月で大幅に変化、中ランク帯中心から下位ランク中心へ

ランク差縮小によりACT1、2と比較してACT3は大幅にランク分布が変化しました。サブアカウント、スマーフが増えたことが一番の要因として挙げられています。

6位:「Cloud9」TenZがヴァンダルよりファントムが優れている理由を説明

VALORANTに切っても切れない関係である「ファントムvsヴァンダル論争」。プロの中ではMixwell、TenZ(,)などが回答しています。

5位:ShroudがCS:GOやVALORANTでプロになるためにはランクシステムのランクは関係が無いことを説明

「ランクに気を取られるのではなくスクリムで実力をつけろ」とプロを目指すプレイヤーへ助言をしたShroudの発言。まさにその通りだと思います。

4位:Absolute JUPITERとVision Strikersの関係性、Absoluteは世界大会8チーム中8位のデマを弁明

AVS決勝の「Absolute JUPITER vs Vision Strikers」前日に公開したVision StrikersのMVP PK時代とAbsolute JUPITERのCS:GO時代の関係を軽く説明した記事がランクイン。一時期、Twitter、Twitch、Mildomなどで明らかに嘘であるコメントが多く見られたため、記事と一緒に軽く弁明しています。(さすがに信じている人は少ないと思いますが)

AbsoluteのCS:GO時代知っている方でAbsoluteを応援しない人はほぼいないと思うくらい、CS:GOでは国内シーン発展に大きく貢献してくれたチームです。私自身も昔から大好きなチームで、RAGEの時は我慢できずにVALORANT4JPのTwitterアカウントでツイートしてしまいました。

3位:パッチ1.09のアップデートでオペレーターの弱体化を実施、クレジットを4500から5000へ値上げ

Twitterで800RTを超えたオペレーター弱体化の記事がランクイン。クレジット値上げ、スコープ展開時のスピード減少など大幅な弱体化が実施されました。

2位:統計によるCS:GOとVALORANTのランク分布の比較、VALORANTの平均ランク帯はゴールド2

CS:GOのランクとVALORANTのランクを比較した記事です。ランク分布が大幅に変更する前の記事のため、今ではCS:GOのAK帯くらいがプラチナ~ダイヤモンドな感じもします。

1位:Absolute JUPITER所属Reita選手のK/DがVLR.ggの統計で世界ランキング1位に

Twitterで多くの人にRTして頂いた上記の記事がランクイン。Reita選手本人は謙虚に「役割が違えばJUPITERメンバー誰でもこの成績だせる」とツイートしていました。

最後に

2020年に公開した記事数はVALORANT4JPが663記事、CSGO4JPが930記事で合計1593記事でした。今年4月にスタートしたニュースサイトながら、そこそこ更新している方だと自負しています。それでも、時間が取れずにチームの移籍情報、話題など更新できないこともありましたが、来年も細々と続けていこうと思っています。

私自身がCS:GO村出身ということもあり、他のニュースサイトとは見方が違った記事などもあったりしますが、2021年もどうかよろしくお願いします。

(余談)NiPの公式Twitterにフォローされていることが滅茶苦茶嬉しいです。

関連記事
CSGO4JP 2020年 人気記事ランキング TOP10

2 コメント

公序良俗に反するコメント、特定の団体や個人を誹謗中傷するコメント、スパムや記事内容と関係のないコメントは書き込まないようお願いいたします。

  1. いつもお疲れさまです
    これからも更新を楽しみにしています
    新年もお体に気をつけて

    返信削除
  2. いつもありがとうございます。
    無理しない程度に更新頑張ってください!

    返信削除

コメントを投稿

公序良俗に反するコメント、特定の団体や個人を誹謗中傷するコメント、スパムや記事内容と関係のないコメントは書き込まないようお願いいたします。


Sponsored Link

Amazonおすすめデバイス